カテゴリー
FX

私がFXを始めた理由

私は今、FXをやっています。何故、FXを勉強しているのかというと、以下の理由からです。

ちなみに、ほとんどただの愚痴です。

私は、7年ほど正社員として働きましが、あまり良い職場ではなく、上司のパワハラや、長時間労働が多かったです。そして、あんまり昇給しない給与。さらに休日に家でやる宿題みたいな物もありました。

ちょっと疲れてしまったので、正社員を辞め、「給料が安くても、自分が興味を持てる仕事をしよう!」という誰もが考えそうな結論に至ります。

「興味を持てる仕事」に応募して、運よく採用され、その後は、仕事に関しては、最高に楽しかったです。何よりも、やりがいがありました。前の仕事は何となく選んだ仕事だったので。

しかし、給料が安い・・・。忙しい時期は、1ヶ月休み無し。酷い日は、朝5時~深夜までほぼノンストップで仕事です。ゆっくり食事をする暇も無い時があり、5分くらいで食事を済ませ、すぐ仕事に戻る。という日もありましたね。それでも、月20万円も貰えないんです。

それなりに覚悟はしていましたが、ここにいたら安月給で死ぬまでこき使われるんだろうなぁ~と思い、2年ほどで退職。

その次の職場も、同じ職種でしたが、そこはもっと酷かったです。職場というか、親方を中心にした宗教団体みたいでした。

「このままでは駄目だ!俺がお前を生まれ変わらせてやる!お前の個性なんか捨てて、ただ俺の言う事を聞け!何も考えるな!俺を絶対に疑うな!」
「そもそも、俺の貴重な知識を与えてやっているのに、お前が給料を貰うのはおかしい。俺に毎月いくらか金を収めるべきだと思う」

などなど、素敵なセリフを何回も聞かされました。「私は絶対に、こんな人間になりたくないな」と思いましたよ。

ちなみに、その親方はあまりにクズすぎて付いていけず、1週間くらいで辞めました。はっきりと人に対して殺意を抱いたのは、その親方が初めてです。

人への恨み、会社への恨み、世の中への恨みがどんどん蓄積されて、自分が自分じゃなくなっていく。自分でも自分の心が病んでいくのが、はっきりと分かるので、もう正社員を目指すのは諦めました。

「大好きな気持ち」というのは、会社の金儲けに利用されるだけですね。「甘い・・・。お前は社会を舐めているのか!それでも皆一生懸命頑張っているんだ!」と言われるでしょうが、労働と対価が釣り合っていないのには納得できませんし、それなりに給料が貰えるとしても、人の尊厳を踏みにじるような罵倒や暴力が存在するのなら、それに我慢しながら仕事をする気なんて全くありません。

私は、ずっと正社員で頑張っている人は凄いなと思います。皮肉なんかではなく、普通に尊敬しています。

もともとメンタルが弱いのと、陰湿で臆病で、いつまでも人を恨み続ける性格なので、何かの組織に属するのは向いていないようです。

まさに社会不適合者ですね。

さっさと自殺して、この世から消えるべき人間なんでしょうけど、バイクに乗っていろんな景色を見て回りたい。いろんな本を読みたい。いろんな音楽を聴きたい。いろんな酒を飲みたい。

やりたい事が、たくさんあるんです。だから、しばらく現世にいようかなと思います。

正社員になりたくないから、アルバイトで生計を立てる。同じ組織に長く属していたくないから、期間雇用であちこち転々とする。これなら、要求は満たされます。

しかし、期間雇用は体力勝負の職場が多いので(特に農業は)年齢を重ねるごとに厳しくなってしまいます。そもそも採用すらされなくなるでしょう。そうなったらお終いです。

という事で、FXで資産を増やそう!という結論に至るわけです。

正社員が辛いから辞める→好きな仕事をしてみるが、給料が安くて生活が厳しい→よし、FXをやろう!!→破産??って、転落人生のテンプレートみたいですね。

あと5年くらいは、期間雇用で働けるかもしれないので、肉体労働で稼ぎつつ、FXの勉強を続け、「自立」した人生を夢見て頑張ってみます。