カテゴリー
留学

スタディーツアー(前編)

2週間ほど前に、NPO法人セブンスピリットがやっている、ツアーに行ってきました

スラムエリアに行って、貧困について学んだ後、スラムの子供たちとゲームをして交流する。というツアーです

金額は、2,500ペソ(約5,200円)ですが、現地の語学留学生は、1,500ペソ、さらに5人以上での参加だと、一人1,000ペソで行けるので、かなりリーズナブルです

9:30~16:00くらいまでのツアーなので、正直最初は「ツアーに参加したものの、休日が丸一日潰れるのは、ちょっとシンドイなぁ、、、」という気持ちでした。語学留学で来ているので、休日も少しは勉強しておきたかったので。。。

でも、今では、行ってよかったなと、心の底から思っています。現地の方へのインタビューを通して、貧困について、とても良い勉強ができましたし、スラムの子供たちとの交流も、とても良い思い出になりました

セブンスピリットのホームページはこちらです
http://seven-spirit.or.jp/

前置きが長くなりましたが、ツアー日記です

9:30に事務所に集合しました。幸い、メンバーが10人集まったので、一人1,000ペソで参加できました

事務所の前には「パリ・アン・モニュメント」という立派な像があります

最初に、スタッフさんから、セブの貧困問題と、セブンスピリットの活動内容について、説明がありました

セブの貧困問題の根源には、「教育不足」があります。その日の食料を確保する事で手一杯なので、子供たちが学校に行けなかったり、親が教育に無関心だったりして、充分な教育を受けられないんですね

そんな子供たちに、セブンスピリットでは、音楽を教えています

何故、音楽なのかというと、楽器をやる事で「集中力」がつき、練習して新しい曲が弾けた時の「感動」や「達成感」を味わう事で、努力する事の素晴らしさを知る事ができるからです

さらに、大人数で一緒に演奏をする事で、「責任感」や「コミュニケーション能力」が身につくので、子供の情操教育に、音楽はもってこいなんですね

スタッフさんによる説明の後、ジプニーに乗ってスラムに移動します。一人7ペソでした。安いっ!!

ちなみに、私の学校では、ジプニーに乗るのは禁止されています。スリなどの犯罪に巻き込まれる可能性が高いからです。しかし、今回はツアーガイドの方がいるので、乗っても問題ないです

話が逸れますが、このジプニー、派手なデザインのものが多いので、面白いんですよね。セブに来て、初めてジプニーを見た時は「何だっ!?この自己主張の激しいバスは!?」って思いましたよ

ついでに、過去に撮った、ジプニーの写真も載せておきます

前々から、一度乗ってみたいと思っていたので、乗れてよかったです。中は狭いですが、窓が大きくて、風が心地よかったです

さてさて、日記の続きです

スラムに到着した後は、スラムに住む、現地の方にインタビューです。日本人スタッフと、現地のフィリピン人スタッフが通訳してくれるので、日本語で質問しても大丈夫です

私がした質問は
「スラムという、恵まれない環境に生まれながらも、努力して、成功して、富を築いた人はいるのか?」
「スラムの住人の、日々の楽しみは何か?」
です。他にも、いくつか質問はしましたが、この2つが、特に知りたい事でした

現地の方の回答は
「このスラムで、成り上がった人は、いない」
「日々の楽しみは、ここの住人とジョークを言いあったり、皆でワイワイと食事をしたりする事」
でした

失礼な質問だったのかもしれませんが、快く答えて下さった、現地の方に感謝いたします

回答を聞いて「やっぱり、成り上がった人は、いないか、、、」って思いましたね。途上国の、貧困な地域での生まれなので、成功を収めるのは、ほぼ不可能なんですね、、、この点、日本人は、努力次第で、欲しい物を手に入れる事ができる環境にいるので、とても恵まれた民族だな。と改めて思いました

もう一方の質問、スラムでの楽しみについてですが、こちらの回答は、私にとっては意外でした。てっきり「日々の生活で手一杯で、娯楽を楽しむ余裕は無い」という回答が返ってくると思っていました

家族や、友人と一緒に過ごす時間が、スラムの人たちの、大切な時間なんですね

最初、スラムエリアに入った時、住民の表情が明るくて、活気に満ちている事に驚きました。「スラム」という言葉を聞くと、「陰気臭い」「住民が怖い」というイメージが湧いてきますが、そんな雰囲気が無いのです。子供も多くて、あちこちで遊び回っています

スラムでは、子供がたくさんいる家庭が多くて、中には10人を超える子供がいる家庭もあるそうです

フィリピン人の多くは「子供が少ないのは寂しい」という考えを持っているそうです。それは、とても人間らしい考え方だなと思いましたね

そして、それを聞いた時「あれ?今の日本人って恵まれているのか?」と思ってしまいました、、、

仕事で、プライベートの時間を削られて、家族や友人との時間なんて、二の次三の次っていう人も多いでしょう。物が豊かでも、朝から晩まで仕事ばっかりしている今の日本人って、本当に幸せなのかなぁ?

人間というか、一匹の動物としての幸せからは、完全に遠ざかっているような気がします、、、

その点、スラムの人たちの、幸せの在り方は、とってもシンプルですね

むむっ?ささっとブログ書いて寝るつもりが、もうこんな時間か、、、

現地の方とのインタビューで、いろいろと感じる事が多かったので、えらい長文になってしまいました、、、

時間も遅いので、続きは、また後日書くとします