カテゴリー
留学

短期留学を終えて ~勉強方法~

ちょこちょこ更新するつもりでしたが、前回の更新から、6日も経ってしまいました、、、

今回は勉強方法について、書いておこうと思います

私は、学生時代の成績は、「可もなく不可もなく」っていう感じでした。まぁ、普通の人です

そんな私が、今回の留学を終えて、勉強する上で大事だなと感じたのが
①やっぱり計画を立てるのは大事
②何にどれだけ時間を使ったかを記録する
③地道な反復練習からは逃れられない
④勉強に集中できる環境に移動する
という事です

①やっぱり計画を立てるのは大事
計画を立てるのは大事!!って、まぁ、当たり前の事ですが、これが凡人にはできないんですよね、、、

素人の計画が破綻する、よくある理由が「詰め込みすぎるから」だそうです。基本的には、平日だけで達成できる予定を組んで、土日はフリーにしておくのが良いそうです。平日にクリアできなかった分を、休日に補完できるようにしておくべきなんですね

私は、最初は土日も勉強の予定を入れていました。留学先の環境もあったので、序盤は頑張れましたが、後半は疲れてしまって、少し勉強効率が下がりました。まぁ、どんな事でも、張り切りすぎると、ロクな事がないんですね

②何にどれだけ時間を使ったかを記録する
計画表に、作業時間を記録しておくのも、とても大事です。結構勉強したつもりでも、勉強時間を見ると「あれ?意外と何もしていない時間が多いぞ、、、」って気がついたりします

買い物に行ったり、食事したり、必要不可欠な時間でもありますが、厳しい目で見ると「非生産的な時間」なので、極力少なくするべきなんですよね。5分刻みとかで時間を管理するのはシンドイので、私は15分刻みで管理していましたが、これはやっておいて良かったなと思いました

優秀な生徒さんの中には、1分刻みで時間を管理していた方もいたそうです。スゴイですね。。。

「時は金なり」とはよく言ったもので、時間は私たちに平等に与えられている「資産」ですからね。「一分一秒を大切に」っていうのは、私には無理ですが、できるだけ大切に、この限りある資産を使っていきたいものです

③地道な反復練習からは逃れられない
何事もそうなのかもしれませんが、何か技術を習得しようと思ったら、地味で退屈な練習からは逃れられないようです

留学先では「音読の時間をきちんと確保するように」とよく言われましたが、こういう作業は、すぐに効果は出ないですし、「この地味な作業、やっている意味あるのか??」って思ったりします

しかし、今では、きちんと音読の練習をしておいて良かったなぁ~!と思っています。7週間くらい経った頃から、徐々に効力を感じ始めて、少しずつ英会話ができるようになってきました

逆に、音読の練習をしていない生徒は、成長が遅いそうです。効率ばかり追求せず、時には愚直に反復練習する事も大事なんですね

④勉強に集中できる環境に移動する
最後に、勉強に集中できる環境に移動するのも大事な事ですね。仮に2か月間、仕事をせずに実家で勉強しようと思っても、私の場合は絶対無理です。「勉強に集中できる環境を、金で買う」という事も、時には重要だなと、今回の留学で強く感じました

あとは、付き合う人も重要だなと思います。「付き合う人間は慎重に選べ」って言うと、「何を偉そうに(怒)」って思う人もいるかもしれませんが、不誠実な人や、何事にも否定的な人とは、交流したくないですからね

逆に、何事にも誠実に、一生懸命頑張っている人と接すると、モチベーションが上がったり、貴重な知識を得られたり、何かと得をする事が多いような気がします

本題から脱線しているところもあったかもしれませんが、勉強方法について感じた事は、こんなところですかね

全て当たり前の事で、改めて文章にするような事ではないのかもしれませんが、結局大事な事って、こういう当たり前の事なんだろうなぁ~と、留学で再確認しました