カテゴリー
2016

沖縄の旅(5日目)

昨日は、おきなわワールドに行って来ました。目的は、玉泉洞、ハブ博物公園です。

一日中曇りの予報だったので、室内で遊べる所に行こうと思い立ったのです。

8時半頃出発して、国道58号から左折して、国道330号に入ります。途中で国道507号に変わり、左折して県道48号、そして右折して県道17号を行けば、おきなわワールドに到着です。

ちなみに、国道507号は、一番大きい番号になるそうです。

・・・道の説明が、長いな・・・。

道を覚える為に、どういう国道、県道を行ったか書いていますが、これって意味あるのかなぁ?と思い始めた今日この頃です・・・・・・。

おきなわワールドの中に、玉泉洞、ハブ博物公園があります。全てを見ようとすると、1650円かかりますが、まぁ、仕方無いですな。

blog-16-12-02-02

チケットを購入したら、早速玉泉洞に行きました。長い階段を下りると、鍾乳洞の中です。ここは完全に別世界です!!

blog-16-12-02-04

blog-16-12-02-05

blog-16-12-02-14

入った瞬間に「おお~っ!」ってなります。東洋で最も美しい鍾乳洞と言われているらしいですね。

中は、かなり蒸し暑いです。一年中21℃くらいだそうです。バイクの防寒着を脱ぐのが面倒臭くて、着たまま入ってしまったので、汗だくになってしまいました・・・。

中には、水も流れています。天井からも水が滴り落ちてくるので、時々頭に落ちてきます。

blog-16-12-02-07

blog-16-12-02-10

青の泉という場所があって、何とここは水が真っ青です!!何故かというとっ!青いライトで照らしてあるからです!!「・・・そりゃ、青いわな、、、」って一人でツッコミを入れてしまいました。

しかしまぁ、世の中には摩訶不思議な場所があるものですね。こんなに本格的な鍾乳洞は初めて見たので、感動しましたよ。

blog-16-12-02-08

blog-16-12-02-13

玉泉洞を出ると、世界中の植物が植えてある場所に出ます。コーヒーの木は、初めて見ました。パイナップルは、古宇利島に畑がありましたね。その時、地中に埋まっているんだなぁ~って、初めて知りました。

玉泉洞で汗だくになったせいで、喉が渇いてしまったので、ちょっと奮発して、フルーツセットを食べました。

blog-16-12-02-19

blog-16-12-02-21

白いのがアテモヤ、星の形をしたスターフルーツ、そして、一番目立つ真っ赤なやつが、ドラゴンフルーツ様です。個人的には、アテモヤが一番美味しかったです。ちょうど良い甘さでしたね♪

・・・何気に贅沢してるなぁ、私は。貧乏なくせに・・・。

玉泉洞、ハブ博物公園が目当てで、おきなわワールド自体には、あまり期待していなかったのですが、昔ながらの沖縄の民家が建っていたり、世界中のシーサーが展示してあったりして、見ていて楽しかったです。

お次は酒造所です。ハブ酒の製造工程の説明があります。タンクの中に、大量のハブが・・・。ちょっと気持ち悪い・・・。

ここでは、ハブ酒を買って帰りました。ハブ入りの物は、安くても一万円を超えるので、ハブの入っていない小瓶を買って帰りました。

いつか、お金持ちになったら、一番高いハブ酒を買ってやるのだ!

blog-16-12-02-44

さてさて、かなり遠回りしましたが、ようやくハブ博物公園に到着です。

blog-16-12-02-45

ハブはどういう場所に潜んでいるのか?咬まれた時の対処は?ハブ酒は美味しいのか?等々、いろいろ勉強したい事があったので、ここには是非来てみたかったんですよね。

・・・説明看板を読んでいると、思っていたよりも、危険な蛇だという事が分かりました。「世界の毒蛇の中でも、最も攻撃的です。毒性も警戒心も強く、近づく者には、やたらに咬みつくので非常に危険です」との事。何てヤバイ奴なんだ・・・。

注意としては、やっぱり近づかない事ですね。ハブの行動する時間帯や、潜んでいる場所を知っておくと、遭遇率は減るでしょう。
○ジャンプして襲ってくる事は無い。攻撃範囲に近づかない限り安全。
○夜行性で、主に日没から、夜明けにかけて行動する。
○昼間も草むらや薮、畑作物の中にもいるので、注意する。
○雨の降る前後、曇った日などは、巣穴から出ている事が多い。
○ハブは生き物の温度を感知して襲ってくるので、長袖長ズボンでいると、少しだけ感知されにくくなる。

私は、製糖工場での勤務なので、危険は少ないと思いますが、十分に気を付けます。きび刈りの方に、応募しなくて良かったわい・・・。といっても、分布図を見ると、南大東島には生息していないとの事。ちょっと安心しました。

毎年、100名前後の被害がありますが、亡くなる人はいないそうです。もし咬まれたら、
○すぐに傷口から、血液と一緒に毒を吸い出す。
○毒を吸い出した後は、必ず口をゆすぐ。
○傷口から体の中心部に近い方を、手拭や紐で縛る。
○走ったりせず、安静を守り、救急車などで医師の所へ急行する。
傷口を縛る時は、脈が止まらない程度に縛り、10~15分おきに緩めると良いそうです。覚えておこう。。。

ハブの放し飼いコーナーで、ハブとご対面です。昼間なので、全然動かないですが、やっぱり怖いですね・・・。

blog-16-12-02-53

blog-16-12-02-54

ショーケース越しに、近くで見る事もできます。

blog-16-12-02-56

blog-16-12-02-60

ここには、マングースもいました。1910年に、ハブやネズミを退治する為に輸入しましたが、ハブを退治せず、ニワトリや野鳥を襲っちゃったらしく、逆に増えすぎて困っているらしいです。考え無しに、外来種を持ち込むのはダメなんですね・・・。

blog-16-12-02-64

最後に、ハブのショーを見て、お終いです。下の写真はコブラです。昔は、コブラとマングースの決闘もやっていたらしいのですが、流石に愛護団体から「それは、あかん・・・」って言われたみたいですね。

blog-16-12-02-68

blog-16-12-02-70

おきなわワールドを満喫した後は、県道17号を南下して、国道331号に出て、琉球ガラス村に行きました。

blog-16-12-02-83

blog-16-12-02-81

ここには、1300℃の溶解炉がありました。いろんな年代の作家さんが働いていましたね。

blog-16-12-02-82

ここで、ちょっと遅めの昼飯です。沖縄そばを食べました。あっさり味ですね。小腹が減っていた程度なので、丁度良かったです。

blog-16-12-02-79

私の好きな作家、末吉清一さんです。この方の、銀河シリーズは最高です!ずっと前に沖縄旅行をした時は、末吉さんの皿を買って帰りました。

blog-16-12-02-80

国際通りでも、末吉さんの酒器セットを発見して興奮しましたが、値段が33,000円・・・。今はキツイ金額です・・・。・・・でも、いつか手に入れてやるっ!!

以上!五日目の旅日記でした!