カテゴリー
2017

南大東島日記(2月)

2月分の日記です。ほとんど、釣り日記みたいな感じです。

~2月7日~
この日は休みだったので、また釣りに行って来ました。

前回の反省を踏まえて、きちんと準備して行ったのですが、肝心の魚が釣れない・・・。アタリも無いので、今日は0匹かな~?と思っていたら、私と同じ期間工の方が、わざわざ港までアドバイスに来てくれました。

「これじゃ釣れないよ~(笑)」と言って、仕掛けの作り方、何処に投げればいいか?さらに、竿の扱い方まで親切に教えて下さったのです。

その方に指導して頂いた後は、アタリがくるようになり、2匹釣る事ができました!!私のアワセがもっと上手なら、もっと釣れたのでしょうが、そればっかりは、経験を積まないと、ダメなようです。

blog-17.02.07-01

イスズミが釣れたのと、今回は、ソウシハギという魚も釣れました。ソウシハギは結構大物でしたね~♪

早速持ち帰って食べました。

イスズミは、バター炒めにして食べてみましたが、イマイチでした・・・。やっぱり生臭さが残ってしまいます。帰る時間が遅くて、あまり凝った料理ができなかったので、次回は調理の時間も考えて、もっと早めに帰宅するべきですね。

ソウシハギは、3枚におろして、刺身にして食べましたが、こちらは普通に美味しかったです♪自分の釣った魚で、日本酒をひっかける♪夢が一つ叶いました!

しかし!ここで、注意点を一つ!!

ソウシハギは、一般的に食用にはされません。内臓に猛毒のパリトキシンを持っているので、内臓を食べてしまうと、最悪死に至るからです。

猛毒で有名なフグの持つ、テトロドトキシンよりも強い毒らしいので、絶対に内臓は食べてはいけません!!

まぁ、そんな事、全然知らずに食べていたのですが・・・・・・。

勿論、食べられる魚かどうかは、近くの釣り人に聞いて確認はしていますが、「刺身にしたら美味しいよ~」って言われただけで、内臓に毒がある事は、言ってませんでした。

後日、ネットで魚の名前を調べている時に知って、ビックリしました。

そもそも魚の内臓なんて、普通は食べないので、毒があるっていう事もわざわざ言わなかったのでしょうが、もしも、「大きな肝があるから、試しに食べてみよう~♪」とかなっていたら、今頃死んでいたかもしれないんですね。

自然から食料を手に入れるのは、リスクが伴うので、きちんと知識を得た上で、口にしないと駄目だなと、学習しました。

魚の捌き方や、釣りの仕掛けの作り方を教えて頂いたのもそうですが、この島に来てから、いろいろ勉強になる事が多いです。

世の中、まだまだ知らない事ばっかりじゃのぅ・・・。

~2月18日~
この日は、16時に仕事が終わったので、桜を見に行きました。私の地元は、4月の中旬が見頃ですが、それよりも2か月も早い。南国ですなぁ~。

島の方に、カンヒザクラが見頃だよ~って教えて頂いたので、大東神社まで見に行ってみました。

いざ行ってみると、何処にも桜が無い・・・。

「あれ?場所間違えたかな?」と思ったら、造林記念碑の近くに、ちょこっとだけ咲いていました。

blog-17.02.18-01

blog-17.02.18-03

本土のような桜は、沖縄では咲かないよ~とは聞いていましたが、これは流石にガッカリしましたねぇ・・・。そもそも沖縄の人は春に花見をする習慣が無いというのも、納得です。

南大東島でも、桜の木を植えているそうですが、潮風のせいで、すぐに弱ってしまうそうです。桜は沖縄の気候には適していないんですね。

綺麗だったら、独りで夜桜見ながら、酒飲むんじゃい!と思っていましたが、これでは、無理ですわい・・・。

ついでに、この島で2番目に好きな場所、海軍棒に行って来ました。

海への坂を下って行くと、岩をくり抜いて作ったプールがあります。ここは、浜辺の無い南大東島での、絶好の遊び場になっています。

極稀に、サメがプールに入っていらっしゃる事があるとか・・・。怖い・・・・・・。

blog-17.02.18-06

blog-17.02.18-07

blog-17.02.18-08

太平洋の中に、ポツンとある島なので、カラフルな熱帯魚が泳いでいるのが見れます。赤、青、黄、等々、個性的な魚が多くて面白いです。1時間くらい、プールの上から魚を眺めていました。

~2月28日~
久しぶりの休日!この日も、亀池港に釣りに行って来ました。

この日は、超大物が釣れました!竿が折れそうなくらい曲がりました!

一緒に釣りに行った同僚も、サビキで8匹くらい釣り上げていました!これだけ釣れると、テンション上がりますねぇ♪

blog-17.02.28-01

40cmくらいですかね?島の方は、もっと大きな魚を釣っているので、大したサイズでは無いのかもしれませんが、超嬉しかったです。

イスズミ以外では、カンランハギが釣れました。方言では、トカジャーと言うらしいです。内臓の処理に失敗すると、10日は臭いから、トカジャーと呼ぶとか・・・。紫色の綺麗な魚です。尻尾の付け根に、小さい針があって、これで刺されて大ケガをする人もいるそうです。

blog-17.02.28-02

この魚は、捌くのが難しそうなので、逃がしました。

この日は早めに帰って、イスズミの煮付けを作りました。・・・と言っても煮付けの作り方なんて知らないので、またまた寮のメンバーに教えてもらいながらの調理でしたが。。。

blog-17.02.28-03

魚が大きすぎたせいで、味の染み込み方が少し弱かったですが、この煮付けは美味しかったです。やっぱり、料理は偉大ですなぁ。

この頃は、釣りの事で頭が一杯でしたね。島の方に調理方法を聞いたり、どんな魚がいるのかを図鑑で調べたり、島生活を満喫している瞬間でもあります。

惜しむらくは、釣りに行く余裕が、ほとんど無い事ですね。もっと休みが欲しいです・・・。仕事の無い時期に来て、民宿に泊まって、釣りだけを楽しむ日々があっても、いいかもしれませんね。