カテゴリー
2018

九州への旅(5日目)

う~む、、、しばらくバイクで遠出していないなぁ、、、

熊本への旅の途中で、バイクの後輪から妙な異音が出始めたので、こちらに到着してすぐに、レッドバロンに持って行きました

後輪のベアリングの故障のようです。バイクをしばらく預ける事になったので、台車の手配等で、修理に時間がかかってしまいました

長旅の前に、きちんとメンテナンスしておくべきでしたね、、、ごめんよ、PCX殿、、、

今は、無事修理も終わり、PCXもゴキゲンです。これで安心して、旅に出れます

さてさて、九州への旅の写真を見返していたら、ブログが中途半端で終わっていた事を思い出したので、今更ですが思い出しながら、ブログを書こうと思います

9月の29日と30日は台風の影響で、大雨の中の移動後、ネットカフェに引きこもっていただけ、という悲しい日々でしたが、10月1日からは、晴れが続きました♪

1日は早朝にネットカフェを出発し、忠臣蔵の舞台、赤穂に向かいました

天気も良かったですし、南下するにつれて、暖かくなってきたので、快適なバイク旅でした

まずは、大石神社に行きました。ズラッと並ぶ四十七士の像を見た瞬間、テンションが激しく上昇しました

主君の仇討のために、47人もの人間が死を覚悟して戦うというのは、今では考えられませんね

今は「復讐する」という言葉は批判的に思われる事が多いような気がしますが、個人的には、理不尽な攻撃をしてきた相手に対して仕返しをするのは、とても大事な事だと思うんですよね

大石神社に行った後は、もちろん赤穂城跡にも行きました

あくまでも城跡なので、観光スポットとしては物足りないかもしれませんが、観光客も少なくて、のんびり散歩できるので、こういう場所は好きなんですよね~♪

城門前のお土産屋さんで、観光ガイドの方が、色々と話をしてくださったのですが、平日は、ほとんど観光客は来ないそうです。だからこそ、城跡だけじゃなくて、城下町ものんびり散策してみた方がいいよ~!っておっしゃっていたので、ガイドさんのオススメスポットにも行ってみました

まぁ、その前に歩き疲れたので休憩を。。。お土産屋さんにナウいカフェが併設してあったので、そこで休憩しました。赤穂と言えば「赤穂の塩」なので、塩まんじゅうと塩飴、そして抹茶のセットです

休憩後、ガイドさんオススメの「息継ぎ井戸」に行ってきました

この井戸には、刃傷事件(江戸城の廊下で、浅野内匠頭長矩が吉良上野介義央を切りつける)を早駕籠で知らせにきた二人の使者が、ここで水を飲み、一息継いてから赤穂城に向かったというエピソードがあります

ちなみに、ガイドさんのオススメは、この井戸の隣にある、からくり時計なんです

一見すると、ただのオシャレな時計なんですが、正午になると、音楽と解説付きでからくり時計が動き始めます

刃傷事件から吉良を討ち取るまでの一部始終を見る事ができます。これは見に行って良かったなぁ~♪と思いました。観光ガイドさん、ありがとうございました!!

からくり時計を見た後、最後に花岳寺に行きました。ここには、浅野内匠頭と大石内蔵助、そして赤穂義士のお墓があります

赤穂事件は、日本でも有名なエピソードの一つですね。自分の命よりも、武士としての誇りを大事にした赤穂義士の生き方は、やっぱり美しいです。プライドを持って生きる事の大切さを、改めて確認しましたね